イベントガイド

協賛者 MAP チラシ 同窓祭組織

特別講演会

時間
11:00~12:30
場所
総研ビル12階 大会議室
イーゴ券枚数
4枚

英米文学科20周年記念講演会

内容

『世界詩としての能と俳句』


高橋氏は2012年の英米文学科主催の国際ミルトン学会の際、ミルトンの劇詩『闘士サムソン』を脚色、ギリシア悲劇の様式で書かれたイギリス詩を日本の能に見事に昇華させ、好評を博しました。

 20世紀の世界詩を変えた俳句に対して、21世紀の世界演劇を変えうる能についてお話しいただきます。古今東西の文芸全般に造詣が深い高橋氏は、異文化の垣根を超えた普遍性をもつ詩の魅力を存分に伝えてくださるでしょう。


◆講師:高橋睦郎(詩人 文化功労者 日本芸術院会員)

詩人。福岡県生まれ。
大学在学中の第1詩集『ミノ・あたしの雄牛』を始めとして、多数の詩集、句集、歌集を刊行。創作は多岐にわたり、舞台芸術作品も『王女メディア』から、2012 年新作能『散尊(サムソン)』など多数。 国内外で自作詩の朗読も行う。
2017 年に文化功労者ならびに日本芸術院会員に選出。

時間
14:00~15:30
場所
17号館5階17511教室
イーゴ券枚数
不要

経済学部同窓会×経済学会 共催  特別記念公開講演会

内容

「急変する中国と日本そしてアジアは」


日本が頭を悩ませている、日米中露プラス朝鮮半島情勢など複雑な経済外交防衛問題を絡め、今 回は特に現代中国問題のエキスパートである富坂聰氏をお招きして、日中問題を中心に現在問題 となっている多くの事象の解説と同時に、日本の課題と日本はどうすべきか、本質を突いたご講 演をお願いすることにいたしました。聞き逃せない内容となりますので、皆様ご友人ご家族にも お声掛けいただき、万象繰り合わせてご参集ください。なお、会場は満席となる見込みですので 早めのご着席とご静粛にして頂きますようお願い申し上げます。


◆講師:富坂聰(拓殖大学海外事情研究所教授)

1964年、愛知県生まれ。
1980年に単身台湾に渡 る。中国語を学習した後に中国留学。北京語言学 院を経て北京大学中文系に進む。
1988年、同校中 退。帰国後、『週刊ポスト』記者。
1994年、第一回21 世紀国際ノンフィクション大賞(現在の小学館ノン フィクション大賞)優秀作を「龍の『伝人』たち」で受 賞。作家活動に入る。
1997年より『週刊文春』記 者。
2002年に再び独立。


・主な近著

『中国という大難』(新潮文庫)
『中国の論点』(角川Oneテーマ)
『中国人民解放軍の内幕』(文春新書)
『中国の地下経済』(文春新書)
『トランプVS習近平』(角川書店)
『中国がいつまでたっても崩壊しない7つの理由』(ビジネス社)