ご挨拶

第25回青山学院大学同窓祭実行委員長
岡 小百合
出会えたことに感謝


「それは暗き場所におけるまことに小さな光でありました。」
たった5人の児童を迎え青山学院の礎となる学校を開いた時のことを、ミス・ドーラ・E・スクーンメーカーはこう記しています。大海原を渡り宣教師としてここへ来た時、彼女は現在の大学生とほぼ同じ若干23歳の若さでした。

それから約150年、青山学院は約30万人の卒業生を数える総合学園へと成長を遂げています。表参道や渋谷の街が様変わりしても、学院の銀杏並木は変わらぬ姿でいつも私たちを見守ってくれています。

同窓祭は今年で25回目を数えます。

諸先輩方が小さな光として始められたこのイベントも、今では様々な集まりのOB会をはじめとする約400もの団体が参加し、4000人もの来場者をお迎えできるまでになりました。

ゴールデンジュビリー対象者である大学卒業50年の先輩方も、この春に幼稚園を卒園したばかりの後輩達も、また新旧教職員の皆様、在校生、そして保護者の皆様も、そろって笑顔になり、我が母校の素晴らしさに再び出会う1日を目指して、総勢200人もボランティア実行委員が準備しております。


どうぞ9月23日には、ご家族、ご友人と共に青山キャンパスへお越しください。
皆様と出会えることに感謝して。


第25回 青山学院大学同窓祭 実行委員長
1989年 文学部史学科卒業
岡 小百合
青山学院校友会大学部会部会長
坂本 由喜子
卒業生の皆様、お元気でしょうか。
大学は、4月2日満開の桜の下で入学式を終え、新学期が始まりました。そして、今年も同窓祭実行委員会が本年9月23日開催の同窓祭に向けて活動を始めました。同窓祭は、大学部会にとって歴史を飾る大事業です。

同窓祭は、大学のホームカミングデーにあたります。特に卒業後50年ならびに25年を迎えられます皆様には、大学学長から、ゴールデンジュビリー&シルバージュビリーのご案内状が届けられます。ジュビリーに当たられます皆様におかれましてはお誘い合わせの上ご来場たまわりたく心からお待ち申し上げております。

御承知と思いますが、現在大学部会には各学部学科と大学院を合わせて22の同窓会があります。そして皆様卒業生は学部学科の同窓会員です。卒業後、同じ同窓会で先輩後輩として知り合う機会もあるけれども、卒業年次が同じでクラス、部活、サークル、ゼミ、アドグルなどで親しかった仲間と旧交を温める機会が欲しいという声が寄せられます。そこで同窓祭の日に学内で集まるのは如何でしょうか。

同窓祭の日はアイビーホールの部屋を事前に予約いただければ、格安でクラス会も開けます。卒業後初めて、同窓祭当日、クラス会、ゼミ会等を開く皆様には大学部会事務局がご相談に応じます。是非ご相談ください。

同窓祭が皆様の絆作りのお役に立ちますよう今年も選りすぐりの企画でお待ち申し上げております。
青山学院大学学長
三木 義一
今年、大学同窓会は25回目を迎えます。
年々、企画がより充実して、参加者も多くなってきています。

青山学院大学時代を振り返り、皆様のよき思い出を後輩の学生たちにも伝えていただきたいと願っています。

大学は、グローバル化の一層の促進と、大学の研究力・教育力の一層の向上を目指して努力しています。また、ホームページのリニューアル、青学TV(https://aogakutv.jp/)の導入など「大学の今」をお伝えしています。

皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。