ご挨拶

第24回青山学院大学同窓祭実行委員長
紀 正尚
今年度の実行委員長を務めさせていただきます、紀 正尚(きの まさなお)です。1983年経営学部経営学科を卒業いたしました。微力ではございますが、実行委員の皆様とともに、楽しい同窓祭作って参りたいと思っております。 今年度の同窓祭では箱根駅伝4連覇、2年連続大学駅伝3冠を応援する駅伝応援ステージや、恒例の公開講座、青山寄席など盛りだくさんの内容を準備していく予定です。 メインイベントには、青山ファミリーの市村正親様、井川遥様と高橋克典様(校友)の朗読劇に山本祐ノ介様(校友)井上圭子様(校友)のチェロとオルガン演奏、青山学院ゴスペルクワイアも加わってのステージを準備しています。また、総合司会には木佐彩子様(校友)をお迎えしています。 第24回を迎え、校友だけでなく教職員や校友のご家族、近隣にお住まいの方、そして青山学院に関心を寄せていただいている方にも是非遊びに来ていただき楽しんでいただける同窓祭を作っていきたいと思います。9月23日、青山キャンパスでご来場をお待ちしております。
青山学院校友会大学部会部会長
坂本 由喜子
同窓生の皆様お元気ですか。 昨年の同窓祭は雨天で始まりましたが、皆様の熱い応援で雨も上がり例年に負けない参加者と成果を上げることが出来ました。応援ありがとうございました。本年は同窓祭実行委員会の3か年計画の最後の年あたり特別な企画を御披露できるかもしれません。どうぞお楽しみに。 本年は新春の箱根駅伝で青学が三連覇を成し遂げ併せて三大駅伝の3連勝も達成し、しばし青学ブームだったことは記憶に新しいことです。学生達の努力と活躍に感謝したいと思います。祝勝会には卒業生以外のファンも大勢詰めかけるといった具合でした。最近では卒業生からも母校愛の高まりを見聞きすることが多くなりました。卒業生の皆様にとってもそれぞれの場所で嬉しい出来事があったのではないでしょうか。 皆様、御存じだと思いますが、大学は、同窓祭当日に卒業後50周年と25周年に当たる卒業生を招いて記念の祝賀会(式典)を開催しています。この御案内は毎年7月末頃ゴールデンジュビリー、シルバージュビリーの招待状が大学から封書が届くことになっています。是非ご参加ください。近年、ジュビリー参加者の方々から、大学部会に卒業後10年ごとに自主的に学部を超えて「大同窓会」を開催したらどうかとの声が寄せられています。私どもといたしましても卒業年次ごとに幹事が出てくださって節目の年に毎年同窓祭当日同窓会を開催したいという声が寄せられましたら、出来ることはお手伝いをしたいと考えております。昨年は、1966年法学部卒の皆様が同窓祭当日素晴らしい「同窓会」を企画され多少お手伝いを致しました。今年は1967年卒の皆様「大同窓会」の企画をしませんか。お待ちしております。 今年の同窓祭いかにして皆様を歓迎しようか。実行委員会は腕によりをかけて秘策を編み出しつつあります。今年の同窓祭をどうぞお楽しみに皆様でおでかけ下さい。
青山学院大学学長
三木 義一
第24回大学同窓祭の開催決定おめでとうございます。 駅伝3連覇もあり、青山学院大学の評価はますます高まり、おしゃれで知的な大学に変貌しつつあります。大学全体が大きくグローバル化を意識して動き出しています。 同窓祭当日多くの皆様とお会いできることを楽しみにしております。皆様に大学の今を常に情報として提供していけるよう、様々なアイデアを検討しています。今後ともよろしくお願い申し上げます。