第23回 青山学院大学同窓祭
2016 AOYAMA GREEN FESTIVAL レポート

2016年9月22日、青山キャンパスにて開催された同窓祭は残念ながら雨…いえいえ、恵みの雨でした!
足元の悪い1日であったにも関わらず約3000名の参加者を数え、青山キャンパスが賑やかな笑い声に
包まれた秋の1日の様子をご紹介します。

開会式

同窓祭の幕明けは東京都有形文化財でもあるベリーホール(現本部)礼拝堂での開会式から。讃美歌「ナルドの壺」を奉唱しながら旧友との愉しい1日に期待が膨らんで。

ゴールデン&シルバー ジュビリー

大学卒業50年と25年をお祝いする式典、2016年は昭和41(1966)年と平成3(1991)年卒業生が対象でした。合計400名以上の集り、懇親会でも旧交を温めました。

学部学科周年記念行事

創設から記念の年を迎えた3学部学科がそれぞれ講演会を開催。経営学部創設50周年には藤田晋氏(サイバーエージェント株式会社代表)が、フランス文学科同窓会創設20周年にはドラ・トーザン氏(ジャーナリスト)が、日本文学科創設50周年には浅田次郎氏(作家)が登壇。大盛況でした。

メインイベント

大入り満員だったメインイベントは、高嶋ちさこと12人のヴァイオリニストによる青山学院スペシャルコンサート。ヴァイオリンの音色に酔いしれつつ、本学院卒業生でもある高嶋さんのトークに抱腹絶倒。楽しく可笑しく素敵なひとときとなりました。

公開講座

各学部学科など同窓会が主催するスペシャル講義を、2016年は4つの学部学科が主催。学生時代に戻ってノートにペンを走らせつつ、知的好奇心を大いに刺激されました。

陸上競技部応援ステージ

アイビーステージには、大学陸上競技部メンバーも登場。原 晋監督からは、年明けの箱根駅伝優勝に向けた秘策「39大作戦」の秘密も! 結果は…有言実行の3連覇、おめでとう! そして、ありがとう!!

教室での催し

各校舎の教室でも、お楽しみ企画が盛りだくさん。OBと現役が笑いを競った「青山寄席」、優雅なソシアルダンスの企画、海外からの留学生と外国語でお喋りできる「チャットルーム」…。個性を大事にする青山学院ならでは!? 卒業生の活躍の道も千差万別なのです!

出店/物販

学生食堂内外には美味しそうな香りをただよわせる飲食店のブースが出店。それぞれの同窓会など団体が、味で個性を競って。物販のブースが所狭しと並んだ記念館の物販エリアは、お買い物をする人の足が1日中途切れず。楽しい1日に花を添えました。

こんな企画も

同窓祭では思いがけないお楽しみ企画も、校舎内外のあちらこちらに。オール青山同窓会と初等部同窓会くすのき会が開催したお餅つきもその一つ。何と本物の杵と臼でお餅をこしらえるのです。大迫力とつきたてのお餅の美味しさは、例年どおり大好評でした。

キッズパーク

記念館の中はまるでワンダーランド。大型遊具が増えてパワーアップしたキッズパークには、1日中子ども達のはしゃぐ声が絶えませんでした。同窓祭は卒業生だけでなく、ファミリー全員で楽しめる1日なのです。

同窓祭懇親パーティー

アイビーホールで行われた同窓祭懇親パーティーには、理上長先生はじめ、各学校の先生方も参加。なごやかに1日を締めくくりました。