英米文学科同窓会設立25周年記念講演会
11:00〜12:30
本多記念国際会議場

『フランクリン自伝』と『福翁自伝』―とくに宗教観をめぐって
梅津順一(青山学院大学名誉教授、青山学院前院長)

青山学院大学名誉教授の梅津順一氏は、国際基督教大学と東京大学大学院で経済学を専攻され(経済学博士)、複数の大学を経て、本学総合文化政策学部教授、第14代青山学院院長を歴任されました。マックス・ヴェーバーやピューリタニズムを中心に、近代経済と宗教の関わりを研究され、他にも福澤諭吉、徳富蘇峰、内村鑑三、ベンジャミン・フランクリンなどに関する著書があります。

最新の著作では、大学におけるキリスト教について論考されています。本記念講演では、出版、教育、思想の分野で活躍した共通点をもつ福澤とフランクリンを通して、近代日本と建国期アメリカを比較し、青山学院の創立にもふれる興味深い内容をお話しいただきます。